湯浅「かどや食堂」とれたて生しらすと湯浅醤油でいただく激ウマ生しらす丼どんぶり

生しらす丼食レポ
スポンサーリンク

さて今回は和歌山県へ行く用事があったので醤油発祥の地・湯浅の「かどや食堂」の紹介です。

では早速始めていきましょう。

電車のアクセスはJR紀勢本線「湯浅駅」より徒歩1分

今回、私は車で行きましたが、電車で行く場合はJR紀勢本線「湯浅駅」より徒歩1分と駅近の立地にお店があります。

お店の前に車が2台駐車できるスペースがあります。

近隣にも無料の駐車場もあるようです。

かどや食堂|和歌山湯浅で新鮮なしらす丼を。
歴史ある紀州湯浅で、新鮮な「しらす丼」をご堪能ください。かどや食堂は和歌山湯浅駅から徒歩1分! おすすめは鮮度が自慢のしらす丼・生しらす丼です。ここでしか食べられないオリジナルのタレでどうぞ。紀州湯浅にお越しの際は是非一度お立ち寄りください

新鮮な生しらす丼をいただく

しらす丼は「釜揚げ」と「生しらす」を選ぶことができます。

他にも定食があるようですが、今回は「生しらす丼」を選択しました。

待つこと数分。

待望の「生しらす丼」がやってきました。

生しらすは熱が入らないようにご飯と別皿で提供されます。

しらすを丼に乗せてからも「混ぜないように」と店員さんからアドバイスをもらいました。

湯浅の名産「湯浅醤油」に生姜を混ぜましょう。

生しらす・湯浅醤油・生姜・海苔を合わせて「生しらす丼」の完成です。

では早速いただきましょう。

産地でしか食べられない新鮮な生しらすが口の中で弾けます。

しらすの食感と風味、湯浅醤油の奥深い味わいが広がります。

アクセントに胡麻の風味も効いていて、とっても美味しいです。

「旨すぎる!」

あっという間に完食。

ごちそうさまでした。

滅多に食べることができないプレミア感も合わさって、とても幸せな食事となりました。

以上が生しらす丼の食レポです。

和歌山県は観光スポットが多くあります。

とても広い県なので一度で回ることはできないでしょう。

そんな中、湯浅方面の観光に訪れたときには是非立ち寄ってほしいお店です。

火の通ったしらすは都会でも食べることができますが、生のしらすは産地でしか食べることができないでしょう。

そんな特別な食事の時間を体験することができます。

駅からも近いのでアクセスも楽です。

お近くに来られたときには是非ご賞味あれ。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました