私が禁煙に成功したお話

禁煙トップ画像雑記
スポンサーリンク

さて今回は私が禁煙に成功したので、そのお話を詳しくしていきたいと思います。

では早速始めていきましょう!

禁煙の動機について

私が禁煙に挑戦し始めたのは、今から2年前になります。

ここ数年の間で煙草を吸える場所が限られてきたことや喫煙者の肩身がドンドン狭くなってきていること、将来の健康を考えた上で全くメリットないことに気づきました。

他にも喫煙していた時は、咳を頻繁にしていました。

咳をすることによって、周りの人に「威圧している」と受け捉えてしまうという誤解を招くこともありました。

上記のようなことを改めて考え直した時に「あ、煙草やめよう」と決意しました。

とは言っても、いきなり止めても上手くいかないだろうと思い、煙草をやめる前にどのような方法で成功するのか調べることにしました。

私は禁煙外来を選択

色々調べてみたのですが、どれもピンとくるものがありませんでした。

実際に禁煙した自分を想像して、これなら上手くいきそうだという方法が見つかりませんでした。

というのも、私は結構なヘビースモーカーで一日に30~40本煙草を吸っていました。

煙草に対する依存度もかなり高かったと思います。

そんな時に思いついたのが禁煙外来でした。

医師に頼るのは他力本願と思われますが、そんなことはありません。

お金をかけて投資するということと、周りに禁煙をサポートしてくれる人がいるということが自分のモチベーションを高めてくれます。

私の場合は人目を気にする性格だったので、ちゃんと禁煙できていることを見届けてくれる人ができたのがプラスに働きました。

最初の1週間は煙草を吸ってもOK

禁煙外来の期間は初診から2週間・4週間・8週間・12週間の間隔で診察があります。

私の場合は12週の禁煙に成功したら、「卒煙証書」という表章をもらうことができました。

実は初めて禁煙外来の診察を受けてから、最初の一週間は煙草を吸うことができます。

初診以降に「チャンピックス」という薬を処方されるのですが、この薬は煙草を吸うことで得られる多幸感を抑える効果があり、薬を服用後に煙草を吸っても以前のような快感を得ることができなくなります。

最初の一週間は「チャンピックス」を服用して、煙草を吸っても多幸感を得られないことに慣れるようにする準備期間です。

「煙草吸っても意味ないじゃん」て頭と体に覚えさせるのが大切だと思います。

私の場合はかなり効果があり、「チャンピックス」を飲んでから思いっきり煙草を吸いましたが、以前のような快感を得ることができなくなりました。

元々煙草を吸う量が多かったのですが、さらに本数を増やしてみても煙草を吸う度に「あれ?こんなに美味しくなかったっけ?」て思うことが1週間続きました。

次第に「煙草吸っても、吸わなくても一緒じゃないか」と思うようになり、「煙草吸っても意味ないじゃん」と考えるように心がけました。

禁煙で一番ツライのは最初の1週間~10日

準備期間を経て、いよいよ禁煙開始です。

初日は勢いで何とかなります。

2日目以降はかなりの覚悟が必要になります。

私の場合、禁煙して最初の1週間がキツイと覚悟を決めていましたので、初日の勢いのまま何とか1週間耐えきることができました。

1週間経過してみると、明らかに以前より「煙草を吸いたい」という欲求が減っていることに気づきました。

2週目以降も、「煙草吸いたい~~!」と思う場面もありましたが、1週目のときの苦しみを思い出して「あの頃に比べたら平気・平気~!」と自分に言い聞かせました。

それに「チャンピックス」の効果で煙草を吸いたい欲求が抑えられたことも効果的だったと思います。

今振り返ってみても、この2年で一番きつかったのは最初の1週間でした。

これから本気で禁煙しようと思っている方は個人差があると思われますが、最初の1週間~10日はとても苦しむことを覚悟していた方が良いと思います。

それを乗り切ることが出来さえすれば、後はモチベーションを維持することに集中していれば禁煙をすることができると思われます。

※個人的な感想なので、ご注意ください。

私は日を追うごとに煙草のことを考える時間が減っていきました。

禁煙して3・4ヶ月も経過すると、全くと言っていいほど頭の中から煙草が消えてなくなりました。

なので3・4ヶ月もすれば、ほぼ禁煙成功と言っても良いのではないでしょうか?

※自分から煙草のある環境(もらい煙草など)へ近づくことをしてはいけませんよ!

そんなこんなで私は2年の禁煙に成功することができました。

禁煙するためのコツ

禁煙の開始時期は忙しくない時期に!

仕事の繁忙期など忙しい時期に禁煙はしない方が良いでしょう。

自分でも自覚がないときもあると思いますが、忙しい時期は結構ストレスを感じていることが多いです。

忙しくストレスを感じることが多いとストレスに対する報酬を脳が欲してしまいます。

結果的に煙草に手が伸びてしまうことになります。

なので禁煙を開始する時期は比較的忙しくないタイミングで開始する方が良いと思われます。

まず可能なら1週間から10日忙しくない期間を作る努力をしてみては如何でしょうか?

禁煙の開始時間は朝から!

禁煙の開始は朝起きた瞬間から始めることが効果的でした。

禁煙初日はとにかくキツイです。

最初の勢いが大切です。

前日の晩に思う存分煙草を吸って寝ます。

煙草を吸う人に多いのですが、朝起きたらとりあえず一服すると思います。

これをストップします。

そして、そのままの勢いで初日を乗り切ります。

禁煙で一番大切なのは、やはり初日を乗り切ることではないでしょうか?

煙草を吸いたいと思ったらガム・キャンディーにこだわろう!

平凡なことかも知れませんが、侮ることなかれ。

私の場合、効果はありました。

煙草を吸う人って絶えず口に何か含んでいたいと思います。

そんなときにガムやキャンディーなど長い時間、口の中に留まってくれる食べ物は効果があるでしょう。

ただし「口に入れるものであれば、何でもいいや」と思うことなかれ。

ここでガムやキャンディーにこだわることが大切です。

色んな味を検証して、自分の好物の味を探してください。

こだわればこだわるほど、効果が大きくなります。

自分が気に入っているガム・キャンディーを食べることによって満足感がアップします。

「このキャンディー美味しいんだ!パクっ!幸せー!」って思うように努力してください。

きっと煙草の代替品になってくれるでしょう。

私の場合はチュッパチャプスが長持ちしてくれて効果的でした。

好きな味はプリンです。全種類の味を制覇しました笑。

禁煙の経過をアプリでチェック!

禁煙ウォッチ - 禁煙時間が一目でわかる
禁煙ウォッチ – 禁煙時間が一目でわかる
開発元:Isao Miyagawa
無料
posted withアプリーチ

上記のアプリを使って、禁煙の経過をチェックしましょう!

内容は

「禁煙時間」

「禁煙した本数」

「節約できた金額」

「延びた寿命」

がカウントされます。

時間が経過するごとに、達成感を得ることができます。

モチベーションが下がってきたと感じたらチェックしてください。

地味なアプリですが、禁煙の成功に大きく貢献してくれること間違いなしです。

一人でも多くの禁煙成功を願って

以上が私の禁煙が成功したお話です。

これから禁煙しようと思っている方は是非参考にしてください。

ここまで覚悟が大切と書いてきましたが、そんなに気負うことはないです。

気合いを入れることが疲れやストレスになります。

疲れやストレスは煙草を吸いたくなる欲求へと繋がってしまいます。

理想は「サラリと禁煙できた」というのが望ましいと思われます。

とにかく煙草のことを考える時間を減らすことから始めてみてください。

では、より多くの方が禁煙に成功すること願っております。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました