PSPをCFW化してPS1のBIOSを吸い出す

biosファイル写真PCゲーム
スポンサーリンク

今回は「PSPからPS1のBIOSデータの吸い出す」方法を紹介します。

では早速始めていきましょう。

「ePSXe」単体では動かないソフトあり

「ePSXe」にはv.1.9.25からBIOSが不要になりましたが私の持っているソフトの中で起動しないものがありましたので今回BIOSが必要になりました。

注意:

BIOSファイルをダウンロードしたりインターネットへのアップロードは違法です。

ご注意ください。

自前でBIOSファイルを用意しなくてはならない時にちょうどPSPからBIOSを吸い出す方法があったので紹介します。

PSPをCFW化

今回はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

ムチャクチャ激安PSPにCFWを入れてレトロゲームを遊んだ話 | アンテナネット
なんでいまさら!?なところですが、超激安で入手したPSP(PSP-1000)に対して、CFWを導入しレトロゲームエミュレーターを使って、レトロゲームを遊んだ話をまとめました。高いお金をかけなくても高機能・大画面のポータブルレトロゲーム機が出来上がります

CFW化に必要なファイルをこちらからダウンロードします。

(PSPのファームウェアのバージョンは6.60です)

解凍したフォルダ内

用意したファイルを解凍してできたフォルダ内の「PSP」→「GAME」のフォルダを開きます。

中に

「installer」と「launcher」

というフォルダがあるので2つともPSPのメモリースティック内の

「PSP」→「GAME」フォルダ内にコピペします。

(パソコンとPSPはUSBケーブルでつないで下さい)

CFW化1

PSPのメモリースティックのデータ内に「LME Installer for 660」があるので起動します。

CFW化2

上記の画面で「☓」ボタンを押下すると再起動します。

ランチャー起動

再起動後、メモリースティック内の「LME Launcher for 660」を起動しもう一度再起動するとCFW化完了です。

CFW化の確認

CFW化後は本体情報のソフトウェアのバージョン名の後ろに「LME-〇〇」と表示されます。

(電源OFFにして再起動するとCFW化は解除されます)

PSPからBIOS吸い出し

BIOS吸い出しはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

エミュレータ情報室‐PSPからPS1のBIOSを吸い出す方法
このページでは、プレイステーションエミュレータepsxeの使い方を説明しています。
吸い出し用ダンパーファイル

いよいよPSPからBIOSファイルを吸い出します。

まずこちらのサイトから必要なファイルを用意します。

Release Release 0 · 173210/pops_bios_dumper
POPS BIOS Dumper by 173210. Contribute to 173210/pops_bios_dumper development by creating an account on GitHub.
ダンパーファイルのコピペ

用意したファイルをPSPメモリースティック内「PSP」→「GAME」内に「POPS_BIOS」というフォルダを作成してそこにコピペします。

BIOS吸い出しの起動1

PSPのメモリースティック内に「POP BIOS Dumper by 173210」があるので起動します。

BIOS吸い出しの起動2

上記の画面で「☓」ボタンを押下し再起動します。

吸い出し後の確認

再びパソコンにつないでPSP内を開くと「PSX-BIOS.ROM」というファイルができています。

それが「PS1のBIOSファイル」です。

BIOSファイルのコピペ

後は

「ePSXe」の「bios」フォルダに入れて

「設定」→「BIOS」

でこのファイルを適用すれば完了です。

結果として起動しなかったソフトがちゃんと起動しました。

苦労して吸い出して正解でした。

エミュは使い方を間違えれば違法性が出てしまいます。

その点を留意して、より良いゲームライフを。

最後にエミュの注意点に関して記載されたサイトのリンク貼っておきます。

エミュレータ情報室‐エミュレータとは

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました